夏場のエアコン、上手な節電方法 - 業務用エアコンを格安販売|エアコンプラザ|

夏場のエアコン、上手な節電方法


運転頻度について

エアコンは、車と同じで、運転を開始するときに多くのエネルギーを消費します。
停止と運転を切り替えると当然多くの電気を消費してしまいますので、室内が冷えたと感じたら
エアコンの運転を停止するのではなく、設定温度で調整することでムダな電気を消費せず、節電につながります。

室内の設定温度

面倒でもこまめに設定温度を調整しましょう。
冷え過ぎは、節電にも身体にも悪影響を与えます。
例えば、設定温度を1度高めにすると約10%の節電になります。

風量設定で節電

エアコンには「微風」や「弱風」など、風量を調整する機能が標準で付いていますが、
節電のために常に「微風」「弱風」で運転するよりも「自動運転」にすることをおすすめします。
「微風」「弱風」は、確かに消費電力は少ないものの、室内が設定温度に達するまでに時間が掛かり、
かえって、ムダな電気を消費しています。
「自動運転」に設定することで適切な風量で効率的に運転するエアコンがほとんどです。

設定温度と風量調整

設定温度を1度下げると、単純に約10%の増電になります。
エアコンの設定温度を下げるよりも、まずは風量を強くしたほうが、消費電力は少なくて済みます。
風量を強くすることで体感温度が下がりますので、涼しく感じます。

風向きについて

冷たい空気は低い所にたまりますので、エアコンの風向きは水平が理想的です。

フィルターはいつもキレイに

設定温度を1度下げると、単純に約10%の増電になります。
エアコンフィルターにゴミがつまると、冷房の効果は弱くなり、消費電力をムダに使う結果になります。
エアコン本来の機能を発揮できるように、フィルターはこまめにお手入れしましょう。

業務用エアコンブログトップに戻る
次の記事 - (部屋の広さにたいしての業務用エアコンの馬力)